読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEB-zarashi

主にリスティング広告で使える作業系の小技を中心に!

<サクラエディタ><重複の削除>Excel(エクセル)を使わない!

準備(サクラエディタのインストール)

今回紹介する手順では、サクラエディタを使用しますので、下記手順に沿って事前にインストールをお願いします。インストールは非常に簡単なのでご安心を。

最強のフリーエディタ!サクラエディタのインストール手順

 

サクラエディタを使用した重複の削除

それでは、サクラエディタを使用した重複の削除手順を以下に記載します。サクラエディタを使用する場合のデメリットは、データを昇順(降順)に並び変えないといけないところです。データの順序を替えたくない場合には、エクセルなどで重複の削除を行ってください。

 

サクラエディタを使用した重複の削除手順

1.対象の文字列をサクラエディタに張り付ける。

  ※エクセルの数行×数列のようなデータも重複の削除可能です。

2.対象の文字列を範囲選択する。(全範囲なら全選択:CTRL+A)

3.選択したデータを昇順(降順)に並び替える

 (昇順に並び替え:ALT+A、降順に並び替え:ALT+D)

4.選択したデータの重複を削除する(重複の削除(マージ):ALT+M)

 

サクラエディタの重複の削除(マージ)の場合は、必ずデータを昇順(降順)に並び替える必要があります。並び替えをせずにマージしてもうまくいかないのでご注意ください。「CTRL+A→ALT+A→ALT+M」と手が覚えてしまうと、エクセルよりも気軽に使用できるので非常におすすめの機能です。

 

 

なぜExcel(エクセル)を使わないの?

重複の削除をしたいとき、一番最初に思い浮かぶのはエクセルの機能ですね。ですが、エクセルの重複の削除にはいくつかの弱点があります。この弱点を理解したうえで、使い分けが出来ると良いかと思います。

 

Excel(エクセル)の重複の削除のデメリット

・エクセルのバージョンが古く、重複の削除の機能がない!!

・重複の削除漏れが起きる可能性がある(真相は不明。可能性がある。)

・英字の大文字/小文字を重複と判断する

 (AAAとaaaで重複の削除をすると、aaaが削除される)

・エクセルを起動するのが面倒

 (いま使ってるエクセルファイルを更新したくないときとか)

 

以上、 「<サクラエディタ重複の削除>Excel(エクセル)を使わない!」でした。

 

<スポンサーリンク>

 

 

<サクラエディタ><文字列変換>大文字を小文字に変換、半角を全角に変換

準備(サクラエディタのインストール)

今回紹介する手順では、サクラエディタを使用しますので、下記手順に沿って事前にインストールをお願いします。インストールは非常に簡単なのでご安心を。

最強のフリーエディタ!サクラエディタのインストール手順

 

文字列変換機能(大文字を小文字に変換、半角を全角に変換)

タイトルの通りなのですが、大文字を小文字に(小文字を大文字に)、半角を全角に(全角を半角に)文字列を変換したい時、サクラエディタがあれば簡単に変換が可能です。エクセルでも同様の機能は存在しますが、みなさん関数覚えるの嫌いですよね。必要な時にググって関数を思い出すの面倒ですよね。そんな方に朗報です!以下の方法で簡単に変換できるので是非参考にしてください。

 

1.変換したい文字列をサクラエディタに張り付ける。

2.変換したい文字を範囲選択する。(全範囲なら全選択)

3.上部タブの「変換」をクリックする。

4.文字列変換の一覧が表示されるので、変換したい処理を選択する。

 

例えば、「全角英数→半角英数」を選択すると、

f:id:webzarashi:20161124204840p:plain

 

このように、英数のみを変換してくれます。

f:id:webzarashi:20161124204949p:plain

 

あとは、それぞれどのような動きをするのか一度試してもらい、希望する変換処理を行ってもらえればと思います。必要なところだけ範囲選択することで、範囲選択していないところは処理の対象外になります。そういった選択範囲の取り方でもうまく使い分けてもらえればと思います。

 

以上、 「<サクラエディタ文字列変換>大文字を小文字に変換、半角を全角に変換」でした。

 

<スポンサーリンク>