読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEB-zarashi

主にリスティング広告で使える作業系の小技を中心に!

<サクラエディタ正規表現③>ワイルドカード置換 ~リンク先のパラメータを一括削除したいなど~

準備(サクラエディタのインストール)

今回紹介する手順では、サクラエディタを使用しますので、下記手順に沿って事前にインストールをお願いします。インストールは非常に簡単なのでご安心を。

最強のフリーエディタ!サクラエディタのインストール手順

 

サクラエディタワイルドカードを用いた置換

それでは実際にワイルドカードを用いた置換の手順を紹介します。

Excelでいう「*」を用いた置換です。)

今回はリンク先一覧のパラメータ部分のみを一括削除する例を紹介します。

 

まずは、 置換したいデータをサクラエディタに貼り付けます。

f:id:webzarashi:20160529164055p:plain

 

1.検索タブの置換(CTRL+R)から置換機能を起動する。

2.正規表現を使用するので、「正規表現」にチェックをいれる。

3.ほかのチェック項目は記載されている通りなので必要に応じて。

4.置換前に「\?.*」を、置換後に置換したい文字(今回は空白)を入力する。

  ※「.*」がワイルドカードを意味する。

   「.」 → \nを除く任意の1文字

   「*」 → 直前のパターンの0回以上の繰り返し

   なので、これらを組み合わせることでワイルドカードの動きとなる。

  ※「?」を純粋に文字として扱いたいときは「\?」と表記

   (このあたりの理由や詳しい話はまた今度)

5.「置換」または、「すべて置換」ボタンを押して置換する。

f:id:webzarashi:20160529164146p:plain

※テキストボックスの右端の▽をクリックするか、テキストボックス内で「↑矢印」キーまたは「↓矢印」キーを押すことで、入力履歴が表示されます。過去の履歴も残っているので、複雑な置換条件などを再処理したい場合などに非常に便利です。

 

以上の手順で、指定文字以降が空白に置換されたことが確認出来ます。

f:id:webzarashi:20160529165005p:plain

 

指定文字以前を置換したい場合

1.検索タブの置換(CTRL+R)から置換機能を起動する。

2.正規表現を使用するので、「正規表現」にチェックをいれる。

3.ほかのチェック項目は記載されている通りなので必要に応じて。

4.置換前に「.*」+(指定文字)を、置換後に置換したい文字を入力する。

 

指定した文字と文字の間を置換したい場合

1.検索タブの置換(CTRL+R)から置換機能を起動する。

2.正規表現を使用するので、「正規表現」にチェックをいれる。

3.ほかのチェック項目は記載されている通りなので必要に応じて。

4.置換前に(指定文字)+「.*」+(指定文字)を、置換後に置換したい文字を入力する。

 

以上、「<サクラエディタ正規表現③>ワイルドカード置換 ~リンク先のパラメータを一括削除したいなど~」でした。

 

<スポンサーリンク>

 

 

<サクラエディタ正規表現②>改行置換 ~複数の文字列を横並びに変換するなど~

準備(サクラエディタのインストール)

今回紹介する手順では、サクラエディタを使用しますので、下記手順に沿って事前にインストールをお願いします。インストールは非常に簡単なのでご安心を。

最強のフリーエディタ!サクラエディタのインストール手順

 

サクラエディタで改行を置換する

それでは実際に改行置換の手順を紹介します。基本的な操作はTab置換のときと同じです。

(似たような機能にExcelの行列変換があります。どちらの機能を使うべきかは状況によって変わってきます。それぞれの機能を把握して、使い分けがスムーズに出来るようになるといいですね。ただし、今回はExcelの話はしません。気になる方は「Excelの行列変換」などでググってくださいませ。)

 

まずは、 改行置換したいデータをサクラエディタに貼り付けます。

f:id:webzarashi:20160514095936p:plain

 

1.検索タブの置換(CTRL+R)から置換機能を起動する。

2.正規表現を使用するので、「正規表現」にチェックをいれる。

3.ほかのチェック項目は記載されている通りなので必要に応じて。

4.置換前に「\r\n」を、置換後に置換したい文字(今回はカンマ(,))を入力する。

  ※「\r\n」が改行を意味する。(正確には若干ウソだけどスルー)

5.「置換」または、「すべて置換」ボタンを押して置換する。

f:id:webzarashi:20160514100028p:plain

※テキストボックスの右端の▽をクリックするか、テキストボックス内で「↑矢印」キーまたは「↓矢印」キーを押すことで、入力履歴が表示されます。過去の履歴も残っているので、複雑な置換条件などを再処理したい場合などに非常に便利です。

 

以上の手順で、改行がカンマ(,)に置換されたことが確認出来ます。

f:id:webzarashi:20160514100056p:plain

 

Tabを改行に置換したい場合

1.検索タブの置換(CTRL+R)から置換機能を起動する。

2.正規表現を使用するので、「正規表現」にチェックをいれる。

3.ほかのチェック項目は記載されている通りなので必要に応じて。

4.置換前に「\t」を、置換後に「\r\n」を入力する。

 

以上、「<サクラエディタ正規表現②>改行置換 ~複数の文字列を横並びに変換するなど~」でした。

 

<スポンサーリンク>